洋裁教室で目からウロコ!の道具

今日は、私が洋裁教室ではじめて使って
目からウロコ!だった道具のことを、書いてみたいと思います。

数年間、ひっそり家で洋裁をしていた私。
洋裁教室に通うようになって、
はじめて使った道具がいっぱいあります。
d0345695_10411805.jpg



工業用ミシンやロックミシンももちろんですが、
一番目からウロコ!!だった道具
Hボード剣襟割(これが正式名称なのかな?)」です。

この道具、縫い代などをアイロンで割る時に使う道具なのですが、
「仕上げ馬(袖とか通してアイロンするやつ)」は
なんとなく知っていたのですが、
この道具は洋裁教室で初めて知りました。

この
「Hボード剣襟割」を使って縫い代を割ると
パキッッって綺麗にアイロンがかかります。
ちょっとの差が大きな差になる訳です。

私はこの道具に一瞬で心奪われました。
とっても欲しい!!
しかし、こちら定価で18000円ぐらいする高級品。
ですので、無理かも?って思いながらも作ることにしたのです。

まず、先生に了解をとって型を取らせてもらい、
ホウの木って種類の木材で出来ていることを、教えてもらいました。

まずこのホウの木ってのがポイントで、
この木材を使うことで、木材のアク?が出ないのだそうです。
他の木材ではアイロンの熱で木のアクが出てくるそう。
なので、この木でないといけない訳です。

だから、もしこのホウの木を見つける事が出来なかったら
作るのは断念しようと思っていました。

しかし、なんと東急ハンズで売っているではありませんか!
しかも、ちょっきり欲しいサイズ。

これは作るしかないでしょう!!

厚みはちょっと厚めの2センチにしました。
木自体のお値段は2500円(税別)ぐらいでした。

という訳で、近所に住んでいる義理のお義父さんを動員して
一緒に作ってもらいました。

完成品はこちらです!!
d0345695_21165537.jpg
いかがでしょう。
二人がかりで糸の子と、のこぎりで切りましたので、本当に大変でした。
(土台と上の部分の切断は東急ハンズでやってもらいました。)

なので、端がガタガタ。
d0345695_21170115.jpg
かなり手作りな感じがしますが、なんとか形になりました。
土台と本体をL字金具で止めたのはオリジナルです。
(しっかり止める為にボンドも使ってます。)
d0345695_21165156.jpg
後で確認したら、本物はボンドと
木片でつなぐような作り方でした。
分かりにくくてすいません。

とりあえず、電動のこぎりが近場にある、そこのあなた!!
私の労力の、十分の一ぐらいで出来るはずです。
是非一度お試しください。

みんなが、その道具を欲しがる訳じゃないと思う…と
やぎさんもあきれ顔。

よろしければ…やぎさんをポチッとしていただけると
飛び上がって喜びます!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ

[PR]
by nemunemugreen | 2015-11-01 10:36 | 洋裁 | Comments(2)
Commented by moipon at 2015-11-01 16:02 x
こんにちは!
先日はコメント欄にお越し頂いてありがとうございます^^
さっそくブログを拝見してみると・・・
ブログ村のサイトから飛んで、少し前から拝見しているブログでした!!びっくり
ヤギさんかわいいなぁと思っていたのです・

そして、リバティプリントの柄について(あのトナカイさんのやつ)は「心の綺麗な人しか見えません」という文言に、異常な程凝視してしまいました^^;
見えた時、おぉぉってなりました☆
そして、このHボード剣襟割というもの全然知りませんでした。
そしてとっても綺麗に作られているので電動ノコギリが近くにない私は羨ましい気持ちでいっぱいです。
アイロンって綺麗に仕上げる一番のポイントですものね!

長々とコメントしてしまいました。
これからもブログ楽しみにしています^^
Commented by nemunemugreen at 2015-11-01 20:17
moiponさん
コメント頂けるなんて!ありがとうございます!!
初めてのコメントが moiponさんだなんて、嬉しすぎます☆

そして、少し前から私のブログにきて頂いてたなんて!!(>_<)
びっくりしすぎて、脈拍あがっております☆★☆★

実は、私のブログ内に出てくる「有名ブロガーさん」とは
まさしくmoiponさんのことです。勝手にすいません( ;∀;)!
悪いことは出来ないですね。

そして、「Hボード剣襟割」を moiponさんが知らないということは、
これはメジャーな道具ではないということですね!?
どうりで、売っているのを見かけなかった訳です…。

moiponさんの素敵なブログには到底およびませんが、
こんなブログでもよかったら、また時々覗いてください。
よろしくお願いします!!