<   2015年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ぐっと冷え込んできた大阪からこんにちは~。
急に寒くなったので、身体がなかなかついていきません…泣


今日は、洋裁をしているとどうしても増えてしまう糸の収納に
糸立てを作ったというお話です☆
d0345695_10381156.jpg
私って洋裁も好きやけど、どうやら洋裁グッズのDIYも好きみたい。


洋裁教室に行きだして、初めてロックミシンを使うようなって知ったのですが、
ロックミシンを使うには、最低でも同じ色の糸が3ついる。
(ひとつはボビンに巻いたの使ってるけど。)

それどころか、4本ロックだと同じ色の糸が4本いる!
(すいません。正直に言いますと4本ロックはまだしたことないんです…)

はじめてそれを知ったとき、同じ色の糸そんなに使うの?!(もったいない!!←あ、本音が…)
と思いましたが、必要なものは必要なんです!


「糸立て」で検索すると、
1本の棒に一個ずつ糸が立てれるタイプが多数。

でも、どうせ作るならいっぱい糸を立てれる、「よくばり糸立て」を作りたい!

そこで、オリジナル(そんなたいそうなんちゃうけど)の
糸立てを考案しました。


材料はこちらになります。
d0345695_23221637.jpg
ホームセンターで買いました。
全部で700円ぐらい。

板の大きさは45㎝×9㎝です。厚みは1㎝。
木の種類は何でもいいと思います。(私は今回もホウの木☆)

丸棒は90㎝のものを4本使いました。(写真には3本しか写ってないけど。)
これをそれぞれ6つ(15㎝)に切って合計24本にします。(実際は23本しか使いません。)

もちろん、糸の軸が通るものを選んでおります。
今回は、シャッペスパン ミシン糸(大・小)を立てることを想定しました☆☆



作り方は単純♪
板に、合計23本の丸棒を立てていきます。


今回も、近所に住むお義父さんと一緒に作りました~。

担当は、

●設計・作業→私

●技術指導→お義父さん(いつもありがとうございます!!)

●作業補助・お掃除→お義母さん(お掃除させてすいません!!ほんまにすいません!!いつもありがとうございます!!)

●別の部屋でのんびりTV鑑賞→夫(興味ないやん!!)


こんな感じで作業開始☆☆☆☆☆☆☆☆☆

①まず、板の大きさに対してどこに棒を立てるか計算して
えんぴつで印を付けておきました。(写真撮るの忘れた。)

②糸の子で丸棒を必要な長さに切ります。
ここで、先端に少しささくれなんかが出来るので、
紙やすりで先を滑らかにしときます。(片方のみでOK)
d0345695_23221780.jpg

③次に板に丸棒が通るサイズに、電気ドリルで穴をあけます。
(先にきりで小さい穴をあけとくとドリルを使うときぶれなくていい。)

あんまり穴が大きすぎるとしっかり止まらないし、小さすぎると丸棒が入らないので注意!
(作業は私がしたので写真撮る暇なし!)


④丸棒に木工ボンドを少し塗って、穴に差し込み、
金づちで上から少したたいてしっかりはめ込む。
d0345695_23211944.jpg
⑤乾くまで待って完成☆★☆
d0345695_23212283.jpg
裏はこんな感じです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

思ったより簡単でした♪2時間もかからないぐらい。

でも、電気ドリルが絶対必要。
最近は結構安くで売ってるみたいですね♪


本当は、木工用ボンドのみで棒を板に固定する予定でしたが(家で一人で作ろうと思っていた…)
お義父さんに相談したら
「それは絶対使っているうちに棒が外れる」という意見で、
穴をあけてから差し込む方法に変更しました。

結果、すごくしっかりしたものができました!

これならよっぽどの衝撃じゃないと棒は倒れないと思います。

それに今回はただの糸立てではありません。
「よくばり」な糸立て。

どこが「よくばり」なのかというと
長くなってしまったので、よくばりっぷりがよくわかる
完成写真は次回に~☆



え~!!出し惜しみ??とやぎさんもびっくり!!

よろしければ…やぎさんをポチッとしていただけると
飛び上がるほどうれしいです♪♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ

ありがとうございます!!

[PR]
by nemunemugreen | 2015-11-28 10:52 | 洋裁 | Comments(0)
やっとこさ秋のブラウスが出来ました♪
(作りかけはこちらこちら
d0345695_11194353.jpg
家でやるとミシンの縫い目がかわってしまうので(うちのは家庭用ミシン)
教室で縫うところを全部やろうと思うと、
思ったより時間がかかります。

ボタン!ボタン!!と大騒ぎしましたが、
結局このラベンダー色のボタンに落ち着きました。
d0345695_11195032.jpg
(柄合わせ難しい…!!)

よく見ると、ボタンの穴にシルバーの縁取りがあるボタンです。


昭和な感じをなくす!!と意気込んでおりましたが、
もう考えすぎて分からなくなってしまった…泣

でも、着てみたら悪くなかったよ!かわいいと思う!(私の中で!)

このデザイン、ウエスト細めですっきりみえます。

襟のかたちもお気に入り♪


ちなみに、今回のボタンは
大阪心斎橋の「クラフトショップ +Fab.」というお店で買いました。

このお店、以前は布とかも置いていたのですが、
最近改装されてクラフト製品ばっかりになってしまいました。
(親会社が、清原っていう服飾資材の商社らしい。)

ちょっと残念ですが、ボタンは置いてあります。

シャツ用のボタンなら、なかなか種類が豊富☆☆
(コート用とかはほとんどありません。)

お店の方に聞いたら、ボタン自体は他社製品だけど、
色はこちらのお店オリジナルで作ってもらってるとのこと。

「ボタンは追加するので、見にきてくださいね♪」と
洋裁ファンとしてはうれしい言葉をかけてくださいました。

お財布にもやさしいお値段で、かわいいボタンが買えました☆☆☆



最後に着画を☆☆
d0345695_18390613.jpg
(襟の形があんまり分かれへん…。着画ってほんとむずかしい…。)

大阪はまだ少し暖かいので、ぎりぎり滑り込みで着れました。(昨日あたりから急に寒い!)


おまけで、この前紹介したジャケットを着て。
d0345695_18391348.jpg
(このジャケットを着てブーツを履くと、これから乗馬に行きます!って感じになります。)


お気に入りの一枚が増えました☆☆☆



やぎさんをポチッとして頂くと、
とってもハッピーな気持ちになります!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

ありがとうございます!!




[PR]
by nemunemugreen | 2015-11-25 08:49 | 洋裁 | Comments(2)
このブログは、洋裁初心者のブログですので、
今日はいまさらのことを、書きたいと思います。

題して「目からウロコ!だったよ!切りじつけ☆」

目からウロコ!の第二弾です。(第一弾はこちら
d0345695_17362042.jpg
私が洋裁教室に行くようになって、
一番目からウロコだった洋裁テクニック(テクニックっていうほどでもないのか?)が、
「切りじつけ(躾)」です。

洋裁をやられる方にとっては、当たり前のことかもしれませんが、
私は初めて教えてもらったとき「おおおっ!」ってなりました。

私はそれまで、印つけの作業は
チャコペンかチャコペーパーでやっていました。
本にも載ってる方法だし、普通だと思います。

でも、その方法だと生地によってはしっかり印が見えない。

それに、私は消えるチャコペンを使っていたので、
時間があいて作業すると印が消えてることもよくありました。

d0345695_21072947.jpg
(これも教室で初めて知ったチャコナー☆ハートの先端から粉が出て細い線が引けます♪)


水で洗えば消えるペンにすればいいんですが、
完成後に一回洗うのも面倒…

なので、いざ縫うとき「印どこ?」ってなることが多かったです。

でも、切りじつけはしつけ糸で印を付けるので、
消えることもなく見やすいし(糸がとれることはあるけど…)
私の中ではかなり画期的な方法でした。

ただし弱点は、しつけ糸の上からミシンで縫ったら、
後でしつけ糸を取るのが大変なこと。

ピンセットで取ってもなかなか抜けない。
d0345695_20334944.jpg
(糸を抜く専用のピンセットがあるなんて、その時初めて知りました。)

はじめの頃、私が洋裁教室で糸が抜けなくて、い~!!ってなってたら、
先生が「ちゃんと縫えてる証拠やん。」って言ってくれてたけど、
ちょっと面倒やと思っていました。

最近、やっとその糸を抜く作業に慣れてきて
むしろ糸を抜く作業が快感になってきました♪♪

糸を抜く手間と、印が見えないストレスを比べると、
断然糸を抜く方がいい!

私には切りじつけの方があっています☆☆

洋裁本も、もっとこの方法を大々的に宣伝して欲しかった!!

というわけで、今日は洋裁初心者のこころの叫びを書かせて頂きました。


方法はいろいろありますから…!と
やぎさんからの、もっともなご意見。

よろしければ…ポチッとしていただけると
やぎさんのテンションもあがります♪♪♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

[PR]
by nemunemugreen | 2015-11-21 09:00 | 洋裁 | Comments(2)
「香田あおいのパターンレッスン 春夏の服」から作った
ノーカラーブラウス完成しました☆☆☆
d0345695_21053975.jpg
地味…。
いや、それでいいんです。
これは、着回しに便利な一枚として作ったので。

布が少し足りなかったので、丈を短くしました。
d0345695_21060537.jpg
このシャツと同じ長さですね。
でも、これでタクシーは止められません!(有名ブロガーmoiponさん表現による)
電車のつり革も危ない!

でも、これからアウターを着る時期なので大丈夫ですね☆

私はいい年なので、念のため、チラ見えしてもいいように、
インナーも黒色を着ることにします。
そして、見えてても見えてないふりします!(いいんか?それで!?)

この本の半袖バージョン、夏用やし結構危ないんじゃないかな。
へそ出しルック的なやつですかね?

しかし、着回し便利な一枚とか言っときながら、
今のところ、ジーンズしか合わせるの思いつきません。
ジーンズでもいいのですが、もっと別のコーディネートも考えたい。

d0345695_08443313.jpg
でもこのブラウス、スカートを合わせるのにはボリュームあるのがいいみたい。

ボリュームあるスカート、今の時期着れるやつこれしかありません。
d0345695_08443576.jpg
(洋裁超初期に作った、ウエストゴムのスカート)

でも私、まだまだ洋裁初心者なので、
上下手作りの洋服を着る勇気がないんですよね…。

どこかの洋裁関係の本に、
「手作りの洋服を手作りに見せないためには、既製品と合わせるとよい」って
書いてるのを読んで、その呪いにまだ打ち勝てないのです…。(呪いって大げさや!)

上下手作りの服やと、手作り感が出すぎていないかがすごく気になる。

手作りって気づいて欲しいけど、気づいてほしくない…という洋裁心…(乙女心)
複雑です!!

ほんと複雑ねぇ…とやぎさんもため息。

よろしければ…やぎさんをポチッとしていただけると
とってもとってもうれしいです♪♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ

[PR]
by nemunemugreen | 2015-11-18 08:52 | 洋裁 | Comments(2)
のんびりゆっくり作っている、秋のブラウス。
案の定、着る時期は逃しましたが、全体像が見えてきました。
d0345695_11381868.jpg

最後の仕上げに大切なのがボタン☆

私、ボタンは la droguerie ラ・ドログリーでよく買います。
フランスのボタンって繊細な色使いが素敵ですよね。

この前、付け替えたジャケットのボタンも、
このコートのボタンも、子供用のジャケットのボタンも、
ラ・ドログリーで買いました。(どんだけ好きやねん!)
すぐ、色違いでグラデーションにしたがる欲張りです。

時間のある時は、ボタンの店SUUSUにも行きます。
こちらはちょっとだけ、お値段がリーズナブル♪
子供服用のボタンとか選ぶのが楽しいです。

ところで、肝心のこのブラウスに付けるボタンを探すのを忘れていました!

そして、全体像が見えてきた段階で、気が付いてしまったのですが
このブラウス難しい…。
d0345695_11372268.jpg
何が難しいって、着こなすのが。
ちょっと羽織っただけやけど、多分そう。

このブラウス自体は悪くないと思うんやけど、
私の顔とのバランスが難しいのです。

こんなことを言いたくはないのですが(ブログやし、せっかく顔が見えないのに…)
私は昭和顔。
つまり、あか抜けないってことですね…。
d0345695_10540251.jpg
(これはクリスマスの鳥さん。)

このブラウスを着るとその昭和感が強調されてしまうのです。

今まで、昭和顔の自覚があるので、小さい花柄などの柄は慎重に選んできました。

花柄大好きなのですが、いつも大きめの花柄にします。

小さい花柄は私の昭和感を高めてしまうんですよね…似合う方がうらやましい…。

でもこれは、鹿柄だったらいけそうな気がしたんですが、錯覚だったのでしょうか。
遠くから見たら何か分からない柄やからかな。
それとも、長袖にしたからかな…

この際思い切って、昭和感を前面に出していくのも、ひとつの手かもしれません。
しかし、それも結構勇気がいる…

なので、最後のボタン大逆転にかけるしかないようです!(そんなんあるん?)

ちょっとでも、あか抜けない感じを緩和させるようなボタンを
探したいと思います!


見つけられなかった場合はどうなるんですか??と
やぎさんも心配顔。

ランキングに参加しています!
やぎさんをポチッと押していただだけると、とってもうれしいです☆☆☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村
[PR]
by nemunemugreen | 2015-11-14 11:43 | 洋裁 | Comments(0)
最近作って、一番便利だったトップスが、
「香田あおいのパターンレッスン 春夏の服」から作った
ノーカラーブラウスです。

そこで、ウールのチャコールグレーの生地で、
もう一着同じものを作ろうと思ったのですが、この生地1mしかなかった!(本当は1.2mいる)

しょうがないので、丈を短めにして作ります。
d0345695_20363587.jpg
写真にするとこの生地とっても地味ですが(本当はもっと濃い色)、
きっと着回しするのに便利なのが出来る予定です☆


ところで、私はお洋服はお気に入りを長く着るタイプ♪

靴も、大学時代から履いているのがちらほら。
手入れしながら大事に履いてます。

そんな私に、義理のお義母さんが娘時代(←お義母さんがこう言う)に
着ていたジャケットをくれました。
d0345695_20364693.jpg
娘時代が何歳ぐらいのことなのか、いまいち分かりませんが、
45年はたってると思います。

お義母さん物持ちよすぎ!!私の比ではない!!
虫食いもないし、色あせもないなんて奇跡☆☆☆
(あんまり着てないのかもしれませんが…)

なんでも、昔、お義母さんのお父さん、つまり夫のおじいちゃんが
イギリス旅行で買ってきた生地で仕立てたものらしいです。

そのジャケットのボタンが、ちょっとレトロな四角のボタンだったのですが、
d0345695_20363997.jpg
私の今の気分が、丸いボタンだったので、
金の花模様のボタンに付け替えてみました。
d0345695_20364020.jpg
今どきのボタンにしようかとも思ったのですが、
レトロなボタンの方が、このジャケットにあってるかなと。
お袖のボタンはなしにしました。(けちった訳じゃないよ!いや…正直、けちったかも…ってどっちやねん!)
d0345695_21031090.jpg

このジャケット、生地がとっても素敵なのです。
赤の糸の中にピンクの糸がきいていて、今でもとっても新鮮な色使い☆
(この生地はツイードなのかな?素人の私には、生地の種類がわからん!)

それに、お仕立てもさすが昔の人の手仕事だけあってとっても丁寧。

内ポケットのこのギザギザの飾りなんて、なくてもいいのに
見えないところもオシャレです♪

d0345695_21054871.jpg
ボタンを替えて、ますますお気に入りになったので、
今の時期にいっぱい着たいと思います。

このジャケットのようなお洋服を、自分で作れるようになるのが、私の目標☆☆☆

そんなん、ほんまに出来るようになるん!?って思いますが、
ちょっとずつでも出来るようになったらいいな。

まずは、モチベーションを上げてくれるような
素敵な生地を手に入れたい!

どこにあるんだろう?
私の理想のジャケットの生地…。


よろしければ…やぎさんをポチッとしていただけると
めっちゃうれしいです☆☆☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

[PR]
by nemunemugreen | 2015-11-11 07:27 | 洋裁 | Comments(2)
この頃、大阪はぐっと寒くなってきました。
(ここ数日はまた暖かいですが…)

寒い冬の夜にかかせないのが、湯たんぽ☆

陶器の湯たんぽに、新しいカバーを作りました♪
d0345695_12061439.jpg

なんか、すごく手こずりました。

洋服ほど気合の入らない小物づくりで、
油断してミスをいっぱいしてしまうパターンです。(私の中でよくある…)

洋服作る時は何回も何回も確認するのに、
小物はなんとなく出来るやろう的な感じで、進めてしまいがちですね。

そして見事に失敗…!
布がぎりぎりすぎて、口のところが柄があってません。

ま、失敗の全ては内側に押し込んでやりました。

ところで、この湯たんぽについてちょっと語らせてください。
d0345695_12060609.jpg

私は去年まで、電気あんかを使っていました。

でも、とっても寝相が悪い私…。

朝起きると、電気あんかは、はるかかなたにあることが多く、
電気も無駄だし、寒いしでいいことなしでした。

でも、この陶器の湯たんぽに替えてから、
朝までお布団の中に湯たんぽがある!!(ないこともあるけど。)

この湯たんぽの最大のポイントは、重いところだと思います。

重いから持ち運びはけっこう不便だけど、
お布団の中での、私の激しいキックにも耐えることが出来ます。
素晴らしい☆☆☆

しかも、この湯たんぽは陶器で出来ているので、
小さくてもお湯が冷めにくいのです。

プラスチックの湯たんぽは、大きくないと
すぐお湯が冷めてしまうらしいのですが(会社の人が言ってた)、
こちらはお湯が少なくても朝まであったかです♪

なんか、湯たんぽの話ばっかりになりましたが、
冷え性の方と、キックの強い方は是非お試しください!


今日は、湯たんぽの宣伝ですか?と
やぎさんの疑惑の目…

よろしければ…やぎさんをポチッとしていただけると
とってもうれしいです☆☆☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ

[PR]
by nemunemugreen | 2015-11-08 12:08 | 小物 | Comments(0)
ボックスプリーツのスカート♪の続きです。
このスカート、出来上がってしばらくルンルンで着てました♪
(ルンルンって死語ですか?)

d0345695_23084297.jpg
(はじめての着画!撮るの難しい!!他のブロガーさんをすごく尊敬☆☆☆)

でもこちら、教室で教わったことを思い出しながら
自宅でひとりで作ったもの。

洋裁教室で作ったものとは形が違うので、
この前、先生に頼んでチェックしてもらいました。

初めて家でひとりで付けた、コンシールファスナー。
(実は、教室でも一回しかやってないよ!)

すると!!やっぱり!!間違っておりました。

何がって、ファスナーを付けると、
上の部分に少しファスナーがない部分
(上耳(うわみみ)っていうらしいですね。)が残るのです。
d0345695_10273125.jpg
このペローンとしたとこです。

そのあまった部分を、うまく処理をしておかないと
ファスナーの上げ下げの時に、はさんでしまうのです。
その処理が出来ておりませんでした。

先生が、もう出来上がっていたこのスカートを、
「いったん、ここからここまでほどいて!」と言われたときは、
正直「うううっ…!!」って思いましたが、
d0345695_23103285.jpg
「次にワンピース作る時とかに、同じようになったらあかんやろ?」という言葉に
「そりゃそうですね!!!」となりました。

ちなみに、先生にやり直しの仕方は教えて頂いたのですが、
正直、ひとりでもう一回正しく出来る自信がありませんでした。

だってあくまで修正で、本当の手順が分からなかったからです。
(頭の中で逆に出来ない…)

なので、図書館でこの手順が載っているものを探しました。
するとありました!
この本です。
d0345695_23085612.jpg
この中にある「見返しの付け方(コンシールファスナーのあきの場合)」が
ドンピシャその方法でした。

教室で聞いたことを頭で整理するって、なかなか難しいですよね。
私、すぐ忘れるタイプですので、復習は必須です。
とりあえずこれで一安心。

これでいつでも、ファスナーのウエストぴったりスカートが作れる♪♪

今まで自宅では、ウエストゴムのしか作れなかったので、
私の中ではすごく進歩です☆☆☆

この香田あおいさんの本、一つのパターンから
いろいろな形がアレンジで出来るというもの。

いろいろ試して、自分にぴったりのスカートをいっぱい作りたいと思います☆☆☆

くるしい!!なんてもう言わないよ!!



くるしいのを我慢してはいたほうが、ダイエットにいいんじゃない?と
やぎさんからのアドバイス。 

そんなん無理や!!

よろしければ…やぎさんをポチッとしていただけると、ムクムクやる気がでます☆☆☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

[PR]
by nemunemugreen | 2015-11-06 07:30 | 洋裁 | Comments(0)
今日は、nani IROの生地で作ったスカートです☆
d0345695_17524648.jpg

このスカートの生地は、この前載せたコートと色違いです。
全然違う生地に見えますね!

パターンはまたまた「香田あおいのパターンレッスン 春夏の服」より
ボックスプリーツのスカート♪
d0345695_17534922.jpg

ちょっとかっちりした形のスカートが欲しかったので、
作ってみました。

もともと私は、9号サイズがぴったりのひとでした。
しかし、年齢と共に体重はそんなに増えないのに、
ウエストサイズだけがグングン上昇!!
(正確には体重少し増えたけど…そんなに増えてないし!!ほんまやで!!)
d0345695_17524314.jpg

恥ずかしながら、9号サイズの既製服のウエストが
苦しくなってきておりました…。

でも、既製服で11号サイズにすると、
身長155センチの私には丈が長くなりがち。

その点、自分で作ればサイズは自由自在☆

今回は、特に腰ではくタイプのスカートだったのもあって、
11号サイズで作りました。

結果、サイズぴったり…!!くるしくないよ!!

ぴったりサイズのが出来て、嬉しいやら悲しいやら…。

でも、ぴったりサイズなのが出来るのが、洋裁のいいところですよね☆☆

本にはなかった裏地も付けました。
(ベージュの裏地が分かりくいですね。)
ファスナーもコンシールファスナーに変更。

d0345695_17524979.jpg

しかし、裾の折り返し部分が、意外に足らなかった。
11号サイズにしたのに!

私、スカートは長めが好きやからかな。
ミモレ丈ってやつですね。
次作る時は、もう少し伸ばそう。


次回はこのスカートを着た、はじめての着画!を
載せてみようかなと思っています。

ついに着画デビューですか!?と
やぎさんも興味深々。

よろしければ…やぎさんをポチッとしていただけると
とってもうれしいです!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村
[PR]
by nemunemugreen | 2015-11-04 07:30 | 洋裁 | Comments(2)
今日は、私が洋裁教室ではじめて使って
目からウロコ!だった道具のことを、書いてみたいと思います。

数年間、ひっそり家で洋裁をしていた私。
洋裁教室に通うようになって、
はじめて使った道具がいっぱいあります。
d0345695_10411805.jpg



工業用ミシンやロックミシンももちろんですが、
一番目からウロコ!!だった道具
Hボード剣襟割(これが正式名称なのかな?)」です。

この道具、縫い代などをアイロンで割る時に使う道具なのですが、
「仕上げ馬(袖とか通してアイロンするやつ)」は
なんとなく知っていたのですが、
この道具は洋裁教室で初めて知りました。

この
「Hボード剣襟割」を使って縫い代を割ると
パキッッって綺麗にアイロンがかかります。
ちょっとの差が大きな差になる訳です。

私はこの道具に一瞬で心奪われました。
とっても欲しい!!
しかし、こちら定価で18000円ぐらいする高級品。
ですので、無理かも?って思いながらも作ることにしたのです。

まず、先生に了解をとって型を取らせてもらい、
ホウの木って種類の木材で出来ていることを、教えてもらいました。

まずこのホウの木ってのがポイントで、
この木材を使うことで、木材のアク?が出ないのだそうです。
他の木材ではアイロンの熱で木のアクが出てくるそう。
なので、この木でないといけない訳です。

だから、もしこのホウの木を見つける事が出来なかったら
作るのは断念しようと思っていました。

しかし、なんと東急ハンズで売っているではありませんか!
しかも、ちょっきり欲しいサイズ。

これは作るしかないでしょう!!

厚みはちょっと厚めの2センチにしました。
木自体のお値段は2500円(税別)ぐらいでした。

という訳で、近所に住んでいる義理のお義父さんを動員して
一緒に作ってもらいました。

完成品はこちらです!!
d0345695_21165537.jpg
いかがでしょう。
二人がかりで糸の子と、のこぎりで切りましたので、本当に大変でした。
(土台と上の部分の切断は東急ハンズでやってもらいました。)

なので、端がガタガタ。
d0345695_21170115.jpg
かなり手作りな感じがしますが、なんとか形になりました。
土台と本体をL字金具で止めたのはオリジナルです。
(しっかり止める為にボンドも使ってます。)
d0345695_21165156.jpg
後で確認したら、本物はボンドと
木片でつなぐような作り方でした。
分かりにくくてすいません。

とりあえず、電動のこぎりが近場にある、そこのあなた!!
私の労力の、十分の一ぐらいで出来るはずです。
是非一度お試しください。

みんなが、その道具を欲しがる訳じゃないと思う…と
やぎさんもあきれ顔。

よろしければ…やぎさんをポチッとしていただけると
飛び上がって喜びます!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ

[PR]
by nemunemugreen | 2015-11-01 10:36 | 洋裁 | Comments(2)